札幌ラーメン,北海道ラーメン,


札幌ラーメンの歴史と特徴を徹底解説

札幌ラーメンの歴史と特徴を徹底解説!北海道のソウルフードの魅力とは?



札幌ラーメンといえば、北海道の名物グルメのひとつです。
濃厚な味噌味のスープに太めの縮れ麺、バターやコーンなどのトッピングが特徴的なラーメンです。札幌ラーメンは、日本全国で人気のあるラーメンですが、やはり本場の札幌で食べるのが一番です。札幌ラーメンの魅力とおすすめのラーメン店を紹介します。



札幌ラーメン桑名

札幌ラーメンの歴史



札幌ラーメンの歴史は、明治時代にさかのぼります。当時、北海道には多くの移民がやってきて、開拓や鉱山などの仕事に従事していました。しかし、寒冷な気候や食糧不足などの困難に直面する中で、彼らは温かくて栄養のある食事を求めていました。そこで、中国からやってきた料理人たちが、小麦粉や野菜などの手に入りやすい材料で、簡単に作れるラーメンを提供し始めました。これが、札幌ラーメンの起源とされています。

札幌ラーメンは、その後も発展を続けました。昭和初期には、札幌市内に多くのラーメン屋が出現し、ラーメンが市民の日常食となりました。昭和中期には、札幌ラーメンの代表的なスタイルである「味噌ラーメン」が誕生しました。味噌ラーメンは、濃厚な味噌ベースのスープに、太めの縮れ麺と、バターやコーンなどの具材をトッピングしたものです。味噌ラーメンは、北海道の気候や食文化に合った、温かくてコクのある味わいが特徴です。味噌ラーメンは、札幌市内のラーメン屋だけでなく、全国に広まり、札幌ラーメンの代名詞となりました。

札幌ラーメンは、現代に至るまで、さまざまな変化や進化を遂げてきました。味噌ラーメンのほかにも、醤油や塩などのスープや、細麺や平麺などの麺の種類が増えました。また、具材やトッピングも、チャーシューやメンマ、ネギなどの定番のものから、海鮮や野菜、チーズやキムチなどの変わり種のものまで、多様化しました。さらに、札幌市内だけでなく、北海道各地にも、地域色や個性を反映したラーメンが登場しました。例えば、旭川ラーメンは、醤油ベースのあっさりとしたスープに、細くてストレートな麺と、豚骨や鶏ガラなどのスープをかける「ダブルスープ」が特徴です。函館ラーメンは、塩ベースのさっぱりとしたスープに、細くて縮れた麺と、イカやホタテなどの海鮮が特徴です。帯広ラーメンは、醤油ベースのコクのあるスープに、平たくて太い麺と、豚の角煮や玉子などの具材が特徴です。


札幌ラーメンの特徴


札幌ラーメンの特徴は、以下の3つです。

●札幌ラーメンのスープは豚骨や鶏ガラなどの動物系の出汁に味噌や醤油などの調味料を加えて煮込んだもので、濃厚でコクのある味わいです。味噌は赤味噌や白味噌などの種類があり、店によって違います。
その中でも味噌ラーメンが最も有名です。味噌ラーメンのスープは、豚骨や鶏ガラなどの動物性のだしに、味噌やニンニクなどの調味料を加えて作ります。味噌の種類や配合は、店によって異なりますが、一般的には赤味噌や白味噌、あるいはその混合が使われます。



●札幌ラーメンの麺は太めで縮れたものが多く、スープに絡みやすいです。小麦粉の配合や熟成方法などにもこだわりがあります。
札幌ラーメンの麺は、味噌ラーメンのスープによく絡み、喉越しの良い食感が特徴です。



●札幌ラーメンのトッピングはバターやコーン、チャーシュー、メンマ、ネギなどが一般的です。バターやコーンは、寒い札幌の気候に合わせてカロリーを補うために加えられたものです。




札幌ラーメンの美味しい店



札幌ラーメン吉山商店

■札幌ラーメン桑名(くわな):札幌市中央区南3条西5丁目にある老舗のラーメン店です。


 創業は昭和25年で、札幌ラーメンの元祖とも言われています。醤油ベースのあっさりとしたスープに、細くてストレートな麺と、チャーシューやメンマ、ネギなどのシンプルな具材が合います。スープは、かつお節や昆布などの風味が感じられます。麺は、小麦の香りが豊かで、コシがあります。具材は、チャーシューは薄切りで柔らかく、メンマは歯ごたえがあります。ネギは、白ネギと青ネギの2種類が使われています。桑名は、札幌ラーメンの原点とも言える、素朴で美味しいラーメン店です。

■札幌ラーメンすみれ:札幌市白石区本通に本店を構えるラーメンチェーン店です。


 味噌ラーメンを中心に、醤油や塩、カレーなどのスープや、細麺や太麺などの麺の種類が豊富です。人気メニューは、味噌ラーメンで、豚骨や鶏ガラなどの動物性のだしに、味噌やニンニクなどの調味料を加えて作る濃厚なスープに、太めの縮れ麺と、チャーシューやメンマ、ネギなどの具材が合います。スープは、味噌の種類や配合は、店によって異なりますが、一般的には赤味噌や白味噌、あるいはその混合が使われます。味噌ラーメンのスープは、コクと旨みが凝縮された味わいが特徴で、食べ応えがあります。麺は、太めの縮れ麺で、スープによく絡みます。具材は、チャーシューは厚切りで柔らかく、メンマは歯ごたえがあります。ネギは、白ネギと青ネギの2種類が使われています。すみれは、味噌ラーメンの王道とも言える、濃厚で美味しいラーメン店です。

■札幌ラーメン吉山商店(よしやましょうてん):札幌市東区東苗穂に本店を構えるラーメンチェーン店です。


 味噌ラーメンを中心に、醤油や塩、豚骨白湯などのスープや、細麺や平麺などの麺の種類が豊富です。人気メニューは、焙煎ごま味噌ラーメンで、生の味噌を中華鍋で焼きあげる本格的な味噌ラーメンです。スープは、豚骨や鶏ガラなどの動物性のだしに、味噌やニンニクなどの調味料を加えて作ります。味噌の種類や配合は、店によって異なりますが、一般的には赤味噌や白味噌、あるいはその混合が使われます。味噌ラーメンのスープは、濃厚でコクのある味わいが特徴で、寒い日には体を温めてくれます。麺は、細めの角麺で、スープによく絡みます。具材は、チャーシューやメンマ、ネギなどの定番のものから、バターやコーン、チーズやキムチなどの変わり種のものまで、さまざまです。吉山商店は、味噌ラーメンの魅力を存分に味わえるラーメン店です。

■札幌ラーメンえびそば一幻(えびそばいちげん):札幌市中央区南1条西3丁目に総本店を構えるラーメンチェーン店です。


 えびそばを中心に、えびみそやえび塩などのスープや、細麺や太麺などの麺の種類が豊富です。人気メニューは、えびそばで、エビの頭や殻を炒めて作るエビ油と、豚骨や鶏ガラなどの動物性のだしに、エビのエキスを加えて作るエビスープに、細めのストレート麺と、エビの天ぷらやネギなどの具材が合います。スープは、エビの風味が強く、甘みと旨みが感じられます。麺は、小麦の香りが豊かで、コシがあります。具材は、エビの天ぷらはサクサクでぷりぷり、ネギは青ネギが使われています。えびそば一幻は、エビの魅力を最大限に引き出した、香りと味のエビラーメン店です。

■札幌ラーメン福の樹(ふくのき):札幌市中央区南4条西10丁目にあるトマトラーメンのお店です。


 トマトラーメンは、トマトの酸味と甘みが特徴のスープに、細めのストレート麺と、チャーシューやネギなどの具材が合います。スープは、トマトの果肉がたっぷり入っており、野菜の旨みが感じられます。麺は、小麦の香りが豊かで、コシがあります。具材は、チャーシューは柔らかく、ネギは青ネギが使われています。福の樹は、トマトの魅力を存分に味わえる、ヘルシーで美味しいラーメン店です。

■札幌ラーメン札幌ゑん神(さっぽろえんじん):札幌市中央区南1条西9丁目にある海老ラーメンのお店です。


 海老ラーメンは、エビの頭や殻を炒めて作るエビ油と、豚骨や鶏ガラなどの動物性のだしに、エビのエキスを加えて作るエビスープに、細めのストレート麺と、エビの天ぷらやネギなどの具材が合います。スープは、エビの風味が強く、甘みと旨みが感じられます。麺は、小麦の香りが豊かで、コシがあります。具材は、エビの天ぷらはサクサクでぷりぷり、ネギは青ネギが使われています。札幌ゑん神は、フレンチ出身の店主が作る、繊細で美味しい海老ラーメン店です。

■札幌ラーメン麺屋 やしち(めんや やしち):札幌市豊平区美園7条にある海老ラーメンのお店です。


 海老ラーメンは、甘エビの水揚げ量日本一の羽幌のエビを使用し、濃厚なスープに仕上げた海老ラーメンに、かためのストレート麺と、チャーシューやネギなどの具材が合います。スープは、エビの旨味が凝縮された味わいが特徴で、食べ応えがあります。麺は、小麦の香りが豊かで、コシがあります。具材は、チャーシューは厚切りで柔らかく、ネギは青ネギが使われています。麺屋 やしちは、北海道のエビの魅力を最大限に引き出した、香りと味の海老ラーメン店です。


札幌ラーメンの栄養や健康


 札幌ラーメンは、味や食感だけでなく、栄養や健康にも良いと言われています。札幌ラーメンには、小麦粉や野菜などの炭水化物や食物繊維、豚肉や卵などのタンパク質やビタミン、味噌や醤油などの発酵食品やミネラルなどが含まれています。これらの成分は、エネルギーや免疫力、消化や代謝などに必要なものです。
 また、札幌ラーメンには、ニンニクやショウガなどの香辛料や、バターやチーズなどの乳製品も使われています。これらの成分は、血行や新陳代謝を促進したり、風邪やインフルエンザなどの予防に効果があると言われています。さらに、札幌ラーメンには、水分や塩分も多く含まれています。これらの成分は、発汗や尿の排出を促し、体内の老廃物や毒素を排出するのに役立ちます。
 ただし、札幌ラーメンは、カロリーや脂質、塩分も多く含んでいるので、食べ過ぎないように注意する必要があります。



最後に


 札幌ラーメンの歴史と特徴を徹底解説しました。札幌ラーメンは、明治時代に中国からやってきた料理人たちが始めたラーメンで、その後も北海道の歴史や文化とともに発展してきました。札幌ラーメンは、味噌・醤油・塩の3種類のスープに、太めの縮れ麺と、チャーシューやメンマ、ネギなどの具材を合わせたもので、その組み合わせによって、さまざまな味わいや食感が楽しめます。また、札幌ラーメンは、栄養や健康、コスパにも優れており、北海道のソウルフードとして愛されています。
 

札幌ラーメンの魅力を知っていただけたでしょうか?札幌ラーメンは、一度食べたら忘れられない、深い味わいのあるラーメンです。ぜひ、札幌ラーメンを食べてみて、その魅力を体感してください。札幌ラーメンを食べると、あなたも北海道のファンになるはずです。

10